友だち追加








■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
<<前月 2019年07月 次月>>
■CATEGORIES■
■新しい記事■
■過去の記事■
■リンク■
■サイト運営者■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
■OTHER■
 

各委員会および係の活動報告(第四回実行委員会)
12月11日(火)平成30年度第四回実行委員会で報告された、各委員会および係の活動内容は以下の通りです。


■成人教育委員会■

10月30日 第1回家庭教育学級の内容相談
11月16日 家庭教育学級 案内を副校長に確認
11月19日 家庭教育学級 案内印刷・配布
11月29日 家庭教育学級 参加票回収
      養育家庭体験発表会
12月03日 家庭教育学級 打ち合わせ

(感想/反省/一言など)
養育家庭体験発表会はとても良かったです。日本の養育家庭(里親)が、諸外国に比べとても低いのが残念に思いました。もっと多くの子ども達が家庭の温もりを味わいながら成長できることができたらいいなと思いました。



■校外補導委員会■

09月01日〜09月30日 スクールガード実施
下校時の安全確認として、委員全員で通学路のポイント地点にてスクールガードを実施しました。特に気になったことは、@以前から指摘があった歩道橋の利用の仕方(立ち話などで道を塞ぎ、他の人に迷惑をかけている)、A信号待ちの際、立っている場所が車道に近く右左折車両に巻き込まれやすい、等がありました。引き続き注意喚起を行っていきますが、学校からもしっかりと言い聞かせた方が良いと思います。

10月17日・18日 第2回「ピーポ110番防犯パトロール」
今回は小P連「子どもを守ろう!合同パトロール」として、夕焼けチャイム後4コースに分け板橋警察署のお力添えをいただきながら、先生と一緒に同行パトロールを実施しました。夕焼けチャイム後も公園でゲームをしていた高学年が数人いたため帰宅を促しました。同行した警察官の視点も今後のパトロールの参考にしていきたいです。

10月23日 ・子ども安心安全講習会第1回(板橋区主催)
      ・スクールガード養成講習会
子どもを対象にした犯罪の傾向と対策について受講しました。子ども達には犯罪が起きやすい場所、暗い場所、人があまり通らない場所などを実際に体現させ、「入りやすくて見えにくい場所」が危険な場所であるという事を子ども自身が考え理解することが重要だという話でした。

10月23日 「子どもを守ろう!合同パトロール」実施報告書提出
      10/17・18実施分報告書を板橋区教育委員会へ提出

11月17日 第2回委員会開催
 議題:「登校班再編成」について
 @「1/17開催 登校班世話人会」詳細確認・担当決定
 A「2/1開催 新一年生保護者会での登校班についての説明」詳細確認・担当決定

11月20日 「登校班新世話人及び新班長の選出について」のお便り配布
     H31年度にむけて、新班長・新副班長・新世話人さんの選定を各登校班に
     お願いしています。(12/14回答回収予定)



■環境衛生委員会■

09月18日 第3回実行委員会 出席
10月12日 第2回放射線測定
11月01日 発信文書印刷
     ・ベルマーク収集のお願い(板四小、板五中) ・クリーン活動ご協力のお願い
     ・PTA推奨服回収のお願い
     板五中へ印刷物を届ける
11月09日 「板橋地区ドッチボール大会」実行委員会出席
11月16日 各クラスおよび板五中のベルマーク回収、集計の準備
      テトラパック、インクカートリッジを倉庫へ移動
11月28日 クリーン活動に参加
      板橋地区ドッチボール大会審判講習会出席
11月29日 青少年健全育成板橋地区委員会
12月02日 板橋地区ドッチボール大会参加(線審)
12月10日 第2回ベルマーク、インク、テトラパック集計
      前回と同様、ベルマークとインク・テトラパックに分かれて作業



■広報宣伝委員会■

09月19日 周年記念誌校正、3号誌編集会議、運動会取材担当決め
09月19日〜25日 周年記念誌再修正作業
09月26日 校長先生に校正依頼
      上田実行委員長、中村会長に校正依頼
09月29日 運動会取材@
10月02日 運動会取材A
09月30〜10月04日 運動会ページ編集
10月04日 広報誌コンクール審査出席
      周年記念誌校正受取り
10月05日 写真差し替え確認作業、データの受取り
      周年誌の見本発注作業
10月04日〜09日 周年誌の再々修正作業
10月09日 校正について先生に再確認
      印刷会社に見本問合せ、振り込み
10月15日 見本から用紙決定、本入稿、振り込み依頼
      植樹式の取材
10月19日 90周年記念集会取材
10月21日 区民まつり取材
10月23日 周年記念誌納品確認
10月25・26日 周年ボランティア取材
10月27日 90周年式典ボランティア取材
      90周年祝賀会取材
11月05日 周年寄贈品写真撮影
10月31日〜11月26日 3号誌編集作業
11月14日 周年行事の確認、打合せ
11月17日 出前コンサート取材
11月28日 3号誌校正
      クリーン活動取材
12月02日 ドッチボール大会取材
12月05日 校正戻り後確認
12月07日 3号誌入稿

(感想/反省/一言など)
周年記念誌作成はとても大変でしたが、記念に残る広報誌が作成できました。周年についての反省は多くありますので、こちらは資料を残して100周年に引継ぎをしたいと思います。周年行事を取材した3号誌が15日に発行されます。裏方を取材した3号誌を楽しみにしてください。



■寺小屋委員会■

09月21日 寺子屋教室準備
09月22日 ★第5回寺子屋教室
○ドッチボール
講師:さくら会
参加者:小学生45人、付き添い大人1人
スタッフ:さくら会4人、委員1人
○アートバルーン
講師:寺子屋委員
参加者:児童20人、大人4人、未就学児4人
スタッフ:寺子屋委員4人
(感想)9月22日は寺子屋教室があると同時に、五中の運動会であり、さくら会にとっても負担が大きい。来年度の年間計画を立てるときに、五中の予定もチェックすることが必要だと感じた。12月の大会に向けて、2学期に3回実施していることが多いが、1学期に1回、2学期に2回実施という形でもいいのかもしれない。

10月12日 寺子屋教室準備
10月13日 ★第5回寺子屋教室
○ドッチボール
講師:さくら会
参加者:小学生33人、
スタッフ:さくら会4人、委員2人
○パソコン教室「プログラミング言語Viscuitを楽しもう!」
講師:早稲田情報科学ジュニア・アカデミー講師 鈴木 遼氏
参加者:児童30人、大人2人
スタッフ:寺子屋委員3人

10月26日 寺子屋会議

(感想)子どもの病気が多発し、委員が当日二人休んだ。タブレットの数より参加者が多くなるかもしれないと危惧したが、子どもも休みが多く何とかタブレットの数より多くなることがなかった。最近参加者が多いため、定員を記載した方がいい場合が多いと思い知らされた。この教室の後4年生の間でViscuitが流行したらしい。寺子屋教室が子どもたちに与える影響力を実感した。ただ、寺子屋が盛り上がれば盛り上がるほど委員の負担感が大きくなる事実も否めない。参加者の利益と委員の負担軽減と会場を用意してくださる学校の負担軽減を同時に考慮したい。

11月09日 寺子屋教室準備
11月10日 ★第7回寺子屋教室
○ドッチボール
講師:さくら会
参加者:小学生65人  付き添い:大人1人
スタッフ:さくら会4人、委員2人
○ジャグリング
講師:早稲田大学ジャグリングサークル〜infinity〜 3人
参加者:児童18人
スタッフ:寺子屋委員4人

11月10日〜12月初旬 次年度契約書類にむけて
 ・3年委員、副委員長に相談。推進校を希望するか、一般校を希望するか。委託料の金額をいくらにするか。委員の希望としては推進校で委託料25万円を希望
 ・役員に相談
 ・次年度の契約書類提出を役員にお願いする。
(感想)
・当日多目的室を使用する予定だったのだが、副校長先生が来るのが遅かったため、急遽会場をクラブハウスに変更した。多目的室は教職員でないとセキュリティ解除ができない。時間はきちんと確認したのだが、直前の莉マインドに丁寧さが足りなかったのもよくなかったのか。とにかく多目的室は使用しないように、次年度引継ぎをしようと思う。
・次年度のことを考える時期が来た。寺子屋は廃止した方がよいとの声がある一方で、存続を求める声が多数あることにも驚いた。しかし、子どもが寺子屋教室に参加している、あるいは委員になる場合は寺子屋活動に理解があるケースが多い。引き続き聞き込みを継続するつもりだ。

11月30日 寺子屋教室準備
12月01日 ★第8回寺子屋教室
○ドッチボール
講師:さくら会
参加者:小学生75人  付き添い:大人1人
スタッフ:さくら会4人、委員3人
○クリスマスクッキング(高学年)
講師:寺子屋委員
参加者:児童17人  付き添い:大人1人
スタッフ:寺子屋委員5人
(感想)ドッチボール大会前日とあり、参加者の数が70人超えした。校庭も体育館もボールが飛び交っていた。さくら会の方々の尽力のおかげである。クッキングは対象を低学年と高学年に分けて正解だった。できることも違うし、定員を超えなかった。



■選考委員会■

10月09日 候補者の方に連絡を取ってもらった結果報告
     やってくれそうな方を報告してもらう。
     また、やってくれそうな方には何度かお願い等をして考えて頂く。
10月16日 委員長・副委員長にて候補者等の打ち合わせ
     引き続き、候補者の方にメール等にて連絡する。
     同時に現役員さんともメールにて連絡をとる。(来年度の役職変更のお願い等)
11月13日 最終意思確認及び名簿作成のご案内の子ども便を発送
11月22日 子ども便アンケート回収締切
     ただし、まだ考え中の方もいらっしゃったりしたので、焦らず待つ



■運動会係■

09月13日 (作業)運動会当日用資料の成、印刷
      ・パトロール担当割表  ・競技参加者名簿  ・競技ルール
09月28日 【前日準備】
      ◇競技者受付用テーブル設置
      ◇パトロール用コーン、ハードルの確認
      ◇競技参加者受付シール作成
      ◇委員会室から必要なものの持ち出し、指定場所へ設置
      ◇雨プログラム用パトロール担当割振り
09月29日 【当日】
      <開催前>
      ◇急遽のプログラム変更を受け、パトロール担当割振り再検討
      ◇出欠、腕章配布
      ◇会長よりパトロールについての説明
      ◇校長先生からのご挨拶
      ◇パトロール準備(コーン、ハードル、ロープ設置、貼紙)
      <開催中>
      ◇パトロール
      <開催後>
      ◇パトロール撤去
      ◇反省会
      ◇競技用の箱片づけ、分担して持ち帰り
      ◇備品片づけ

(反省等)
○雨プログラムについて
・前日の雨プログラム発表により、パトロール担当を割振りし直ししたが、当日の朝さらにプログラムが変更され、朝の集合後に再度パトロールを割振りし直すハプニングがあった。予め雨プログラムも入手し、パターンを考えておくとよかった。
○パトロール中のトラブル
・例年通り、東門前と17号線から入ったあたりの2か所にパトロール要員を配置したが、正門付近から北園高校にかけた道路の両側あたりに駐輪しようとする人がいた。
・一人に注意をしている間に、別のところで駐輪してしまう、ということがあった。
・近所から苦情を受けてしまった。
→来年は、パトロール場所と人数を考えた方がよいかもしれない。
○競技について
・お蔵入りになってしまい、残念だった
・参加者へ配る予定であった軍手がそのまま残っている。PTAで使用予定があれば使うとよいし、なければ来年度以降へ引き継ぐ。



■もちつき係■

09月15日
@担当決め:6月にもちつき係全体へ配布回収したアンケートの回答を考慮して、担当を割振りした。(計82名)
A各担当におけるリーダー決めをした。前年度を参考に連携の取りやすさからリーダーは4年生の係員とした。
B全体で昨年度の「もちつき大会」のDVDを観る前に4年生だけで事前に全体を把握する必要があるのかの賛否を確認 →10月13日9:30より4年もちつき係で視聴することを決める
10月13日
・昨年度(H29年度)の「もちつき大会」前日準備の動画(前半後半)を視聴した。準備の大まかな把握をした。
・もちつき係全体への配布アンケートの確認、回収日等の検討
 <アンケート内容>
 @全大会(12/8)の出欠確認
 A「もちつき大会」前日、当日の参加について
 B託児希望カード
・次回クラス長会開催日決め(11/17)
11月17日:前日準備の人数、作業手順についての確認
・アンケートをもとに各係を決めていたが、都合が悪くなったり、変更を希望する者が出た場合の対応について話し合った。
・12/8全体会がスムーズに進行するようにクラス長さんに大筋を把握してもらう。
・備品のチェック(4年生のみ)
12月08日:全体会
・地域コーディネーター上田さん、五十嵐さんのお二人にもちつき大会当日(前日を含め)の流れと注意点を動画を見ながら説明していただく。
・各担当に分かれて、上田さんや五十嵐さんに不明点を質問する。



■学校係■

10月20日 周年行事 事前手伝い
10月25日 周年行事 事前手伝い
10月27日 90周年記念式典・祝賀会受付対応
10月02日〜26日 ドッチボール大会のお知らせ、世話人への配布書面準備。
        各クラスでチーム編成、世話人決めの後、板橋青健へ申し込み
11月17日 学校公開受付

(感想/反省/一言など)
・周年記念行事、祝賀会のお手伝いは、係の皆さんが本当に協力的でありがたかったです。
・ドッチボール大会は書面作成は効率的に出来たが、印刷漏れがあり、中村会長をはじめ実行委員の方にフォローをしていただいて、ご迷惑をおかけしてすみませんでした。また放課後の練習の有無について申し込み締切後に沢山問い合わせがあって大変でした。ドッチボール大会は、世話人を学校係の方が兼任されているケースが多く、やはり世話人の選出が一番難しいです。練習に関して色々言われた方はいたのですが、お問い合わせ頂く方=世話人という訳ではなくてバランスが悪いなと感じました。また締切後(学校での締切り、青健への締切り両方)に「追加で」という方もいて多数相談や問い合わせを頂きました。

| - | 12:00 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑